Nikon D700

Nikon D700

先日、Nikon D700を手放した。

僕の中では一番実績を残し、活躍したカメラだった。

Pentax K10DからD700にした時、写真は腕だけではなくカメラの性能も重要だと思った。機材選びも腕のうち、という感じだろうか。

このカメラで撮影した写真で何度も雑誌に載り、写真展でも展示した。

写真生活だけではなく人生も変えてくれた。

本当にありがとう、D700。

Box #10 着地点


何事においても着地点を考える事は重要。

中嶋孝文選手は2012年8月6日、日本スーパーバンタム級タイトルに挑む。

世界チャンピオンを目指すボクサーにとっては通過点ではあるが、

三段跳びで例えると、一つの着地点とも言えるだろう。


自分もやる事全部で着地点をよく考えるようになった。

達成して気づく事もあり、途中で気づく事もたくさんある。

ただ、着地点を考えるとやる事を絞れる。

僕は彼のタイトルマッチの夜24時をもって33歳になり、プロボクサーには二度と復帰できなくなる。

今の僕にある着地点は、写真を撮って一般の人にリアルなボクシングを伝え、興味をもってもらう事。